神戸赤十字病院

代表 電話番号 078-231-6006

予約センター 電話番号 078-241-9273

※番号をお確かめの上、おかけ願います。

JAPANESE RED CROSS SOCIETY

職員募集のご案内

採用のご案内

後期研修

心臓血管外科後期研修プログラム

当院は少人数で多くの重症症例をこなしていることが特徴です。研修プログラムでは、短期間に多くの症例を経験し、早く術者としてひとり立ちできるようにすることが狙いです。

目的と特色

心臓血管外科、胸部外科領域の診断、検査手技、治療法等の全般にわたる知識と技量の習得を実践的に教育し、心臓血管外科専門医認定機構による心臓血管外科専門医資格取得に備えます。心臓血管外科専門医認定基準を満たし、倫理観を持ち、医療事故防止対策、感染対策、医療経済等にも十分に配慮できる有能で、信頼される心臓血管外科専門医の育成を行うプログラムです。また、心臓血管外科専門医資格取得には外科学会専門医資格が必要であり、呼吸器外科、外科へのローテーションも行っています。
学会活動も盛んであり、スタッフ全員が全国規模の学会でシンポジストの経験があります。また海外での発表ならびに英文専門誌への臨床研究の掲載などがあり、当院の臨床内容(成績)は高く評価されています。

研修目標

行動目標
  • 心臓、血管系の発生、構造と機能を理解し、心臓疾患・血管疾患の病因、病理病態、疫学に関する知識を持つ。
  • 心臓疾患・血管疾患の診断に必要な問診および身体診察を行い、必要な基本的検査法、特殊検査法の選択と実施ならびにその結果を総合して心臓疾患・血管疾患の診断と病態の評価ができる。
  • 心臓血管外科における術前・術後管理に習熟し、基本的な外科的処置が確実にできる。
  • 心臓疾患・血管疾患の診断および治療方針の決定に必要な特殊検査の選択ならびに結果の解釈ができる。
  • 定型的な疾患に対する手術療法を適切に選択し、安全に実施するとともに、その結果について適切に評価することができる。
  • 患者(または親権者)とその関係者に病状と外科的治療に関する適応、合併症、予後について十分な説明ができる。
  • 緊急心臓・血管疾患、非定型的な疾患、複合病変もしくは複雑心奇形に対する手術療法を適切に選択し、安全に実施するとともに、その結果について適切に評価することができる。
  • 心臓血管外科臨床において遭遇する問題点を解釈するための基本的方法を熟知している。
  • 心臓血管外科修練中の後進の外科医を日常的に指導し、その成果を評価することができる。
経験目標

「心臓血管外科専門医カリキュラム」の目標を達成する。

研修期間

3年間

取得できる専門医

心臓血管外科専門医(日本心臓血管外科学会専門医制度)

研修プログラム

後期研修1年目
  • 定型的心臓・血管疾患、もしくは、非定型的な疾患を含む幅広い心臓疾患、あるいは、血管疾患症例を上級医とともに担当医として経験する。
  1. 心臓・血管疾患症例の症状、理学所見、生理検査(心電図、動脈血液ガス分析など)、画像検査(X線、超音波、CT、MRIなど)など基本的検査法の他に心臓超音波検査、心臓カテーテル、心血管造影法、心筋シンチグラム、肺換気血流シンチグラムなど特殊検査の結果について検討する。
  2. 担当医として手術に参加する。
  3. 心臓疾患・血管疾患周術期の呼吸、循環動態を理解し、薬剤による循環管理、呼吸器操作、酸塩基平衡、輸液、輸血、感染対策などの周術期管理を行う。
  4. 術後合併症に適切に対応する。
  5. 創処置、胸腔ドレナージ、心嚢ドレナージ、腹膜灌流チューブ留置など基本的な外科的処置を行う。
  • 症例検討会に参加し、心臓疾患・血管疾患症例の治療計画、手術適応の決定などを理解する。
  • 上級医の指導下に開胸、閉胸、カニュレーションなど、心臓血管外科手術の基本的手技を経験する。また上級医の指導下にPDA手術、ASD閉鎖術、心膜切開・開窓術、動脈血栓摘除術などの手術を術者として経験する。(術者として最低30例)
  • 学術集会において心臓血管外科に関する発表を演者として行う。
後期研修2,3年目
  • 緊急心臓・血管疾患、非定型的な疾患、複合病変、もしくは、複雑心奇形症例を担当医として経験する。定型的な心臓血管疾患の手術には術者、もしくは、第1助手として参加する。責任をもって周術期管理を行う。
  • 症例検討会に参加し、心臓・血管疾患症例の治療計画、手術適応の決定などに参画し、主たる討論者となる。
  • 開胸、閉胸、カニュレーションなどの心臓血管外科の基本的な手術手技あるいは、PDA手術、ASD閉鎖術、心膜切開・開窓術、動脈血栓摘除術などの手術を術者として責任をもって行う。(1年間に術者として最低50例)
  • 上級医の指導下に冠動脈血行再建術、弁置換術、腹部大動脈置換術(腎動脈以下)、下肢血行再建術などの手術を術者として経験する。(1年間に術者として最低20例)
  • 学術集会において心臓血管外科に関する発表を演者として行う。心臓血管外科に関する研究論文あるいは症例報告を発表する。

日本赤十字社 神戸赤十字病院

地域医療支援病院 基幹災害医療センター
臨床研修指定病院 DPC対象病院

SSL GlobalSign Site Seal  公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院(一般200床以上500床未満)