神戸赤十字病院

代表 電話番号 078-231-6006

予約センター 電話番号 078-241-9273

※番号をお確かめの上、おかけ願います。

JAPANESE RED CROSS SOCIETY

職員募集のご案内

採用のご案内

後期研修

整形外科後期研修プログラム

目的と特色

初期臨床研修修了者で整形外科専攻を希望するものに対して、救急をはじめとする急性期医療を中心として、整形外科の専門研修を行うプログラムである。

研修目標

行動目標
  • 医療人として必要な基本的姿勢・態度を身につける。
  • 一般整形外科医としての診療能力を身につける。
  • 整形外科学全体を広く理解し、総合的診療能力を身につける。
  • 整形外科専門医の取得と、subspecialityとして、脊椎外科、外傷、手の外科、関節外科の一般的な総合的診療能力を習得する。
経験目標

「日本整形外科学会専門医制度研修カリキュラム」の目標を達成する。
整形外科疾患の診断、検査手技、新鮮外傷の救急措置、骨・軟部腫瘍の診断と治療、小児疾患の診断と治療法等、整形外科全般にわたる知識と技量の修得を教育し、日本整形学会認定の整形外科専門医資格に備えます。

研修期間

3年間

取得できる認定医・専門医

日本整形外科学会認定 専門医

研修プログラム

後期研修1年目
整形外科疾患の診断と基本的手技

一般目標:整形外科運動器疾患の正確な診断と適切な治療を行うための基本的手技を修得する。

(1)診断手技

  1. 適切な病歴聴取を行い、疾患に必要なX線写真の指示がおこなえる。
  2. 身体計測(関節可動域、筋力検査、四肢長、四肢周囲径)ができる。
  3. 骨・関節・神経学的所見が取れ、評価できる。
  4. X線、CTスキャン、MRIの所見を正確に診断することができる。
  5. 整形外科疾患の合併症(肺塞栓、脂肪塞栓、コンパートメント症候群など)について診断ができる。
  6. 関節造影、脊椎造影を行なうことができる。

(2)基本的手技

  1. 整形外科一般外傷の診断と応急処置ができる。
    ・成人四肢の骨折、脱臼
    ・小児の外傷、骨折。鎖骨骨折、肘内障、骨端線離開、上腕骨顆上骨折など
    ・靱帯損傷(膝・足関節など)
    ・神経・血管・筋腱損傷
    ・神経学的欠損より麻痺のレベルの診断と処置ができる。
    ・理学療法、免荷療法、装具療法の指示ができる。
  2. 創処置、関節穿刺、直達・介達牽引ができる。
  3. 副子・ギプス固定法の実施ができる。
  4. 神経ブロック、硬膜外ブロックを指導医のもとで行なうことができる。
  5. 手術の必要性、概要、その侵襲について患者およびその家族に説明し、コミュニケーションをとることができる。
救急外傷医療

一般目標:整形外科外傷に対する基本的診療能力を修得する。

  1. 骨折に伴う全身的・局所的症状を理解し、適切な治療を行なうことができる。
  2. 多発外傷に伴うダメージコントロールを理解し、適切な初期治療を行うことができる。
  3. 血管・神経・筋腱損傷を正しく診断し、適切な治療法を選択できる。
  4. 開放骨折の重傷度を正しく判断し、適切な初期治療を選択、実践することができる。
  5. 骨盤骨折の診断と適切な初期治療を行うことができる。
  6. 脊椎・脊髄損傷の基本的知識と治療を行うことができる。
  7. 骨・関節感染症の急性期における症状を理解し、適切な処置を行なうことができる。
慢性疾患

一般目標:運動器慢性疾患の重要性と特殊性について理解し、適切な診断と治療法の選択を修得する。

  1. 腰痛、関節痛、歩行障害、四肢の痺れの症状を正しく診断し、適切な処置を行なうことができる。
  2. 骨・軟部腫瘍の適切な診断、治療体系を理解することができる。
  3. 骨・軟部腫瘍の日整会教育研修単位3単位を所得する。
  4. 小児先天性疾患の適切な診断を行うことができる。
  5. 理学療法の適切な処方を行なうことができる。
  6. 義肢・装具の正しい処方ができる。
  7. リハビリテーション・在宅医療・社会復帰などの諸問題を他の専門家、コメディカルと検討することができる。
医療記録

一般目標:運動器疾患に関する必要事項を医療記録に正確に記載する能力を修得する。

  1. 運動器疾患の病歴、身体所見、検査結果を記載することができる。
  2. 症状、経過、手術記録を記載することができる。
  3. 診断書を正しく記載できる。
  4. 医療行為に関するインフォームド・コンセントの内容を記載できる。
  5. 紹介状、依頼状を適切に書くことができる。
  6. リハビリテーションの処方が正しくできる。
その他

カンファレンスなどについては、病院全体の院内勉強会(月1回)、医師全体のモーニングレクチャー(週1回)、症例検討会、入退院カンファレンス、抄読会に参加する。

後期研修2,3年目

上記研修項目に加え、当院併設の兵庫県災害医療センターにおける高度救命救急医療研修に参加、当院麻酔科での整形外科疾患の麻酔、全身管理を研修する。整形外科内でのsubspecialityとして、脊椎外科、外傷、手の外科、関節外科をローテートしてより専門的な研修を行う。
カンファレンスなどについては後期研修1年目と同じ。

日本赤十字社 神戸赤十字病院

地域医療支援病院 基幹災害医療センター
臨床研修指定病院 DPC対象病院

SSL GlobalSign Site Seal  公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院(一般200床以上500床未満)