神戸赤十字病院

代表 電話番号 078-231-6006

予約センター 電話番号 078-241-9273

※番号をお確かめの上、おかけ願います。

JAPANESE RED CROSS SOCIETY

職員募集のご案内

採用のご案内

後期研修

産婦人科後期研修プログラム

目的と特色

2年間の初期研修を終了した研修医を対象に、産婦人科分野のより高度な医療知識と技能の修得を目的とする。また当院では病院の使命として救急医療を中心とした急性期医療に重点を置いており、さらに実際の診療を通じて、医師としてふさわしい診療態度や倫理観を養い、患者及び家族から信頼される医師となることを目的とする。

研修期間

3年間

取得できる専門医

日本産科婦人科学会専門医(会員歴が必要)

研修プログラム

当院は日本産科婦人科学会専門研修連携施設であり、本プログラム修了後は日本産科婦人科学会専門医受験資格を得て、専門医資格取得を目指す。研修中は指導医1名と専門医2名が専攻医の直接の指導にあたる。指導医は当該研修科目の研修期間中に研修目標が達成されるよう、計画的な指導を行う。神戸赤十字病院婦人科では主として婦人科診療を担当しており、産科の研修については神戸大学医学部附属病院と連携しており、研修3年目に6ヶ月間出向し産科研修を行う。

研修カリキュラム

1年目
  • 基本的な婦人科診察や超音波断層法、コルポスコピー、子宮鏡(ファイバースコープ)子宮卵管造影などの検査手技の修得
  • 救急疾患の診察、検査、治療
  • 妊娠初期の異常に対する診察、検査、治療
  • 婦人科良性疾患の開腹手術の執刀
  • 腟式手術、腹腔鏡手術、悪性腫瘍手術の手術助手
  • 婦人科悪性腫瘍に対する化学療法の実践
  • 英文論文抄読
  • 産婦人科関連学会での学会発表(症例報告)
2年目以降
  • 1年次のカリキュラム内容
  • 腹腔鏡手術、腟式手術の執刀
  • 婦人科外来の担当
  • 産婦人科関連学会での研究発表
3年目の6ヶ月間(神戸大学医学部附属病院での産科研修)
  • 産科診察、胎児超音波診断法の修得
  • 流早産の管理
  • 多胎を含む異常妊娠の管理
  • 緊急例を含む帝王切開症例の担当

日本赤十字社 神戸赤十字病院

地域医療支援病院 基幹災害医療センター
臨床研修指定病院 DPC対象病院

SSL GlobalSign Site Seal  公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院(一般200床以上500床未満)