神戸赤十字病院

代表 電話番号 078-231-6006

予約センター 電話番号 078-241-9273

※番号をお確かめの上、おかけ願います。

JAPANESE RED CROSS SOCIETY

職員募集のご案内

採用のご案内

後期研修

麻酔科後期研修プログラム

目的と特色

急性期病院である当院は、さらに、隣接する兵庫県災害医療センター(3次救命救急)を後方支援する役割も担っている。そのため、平成23年1月から12月の麻酔医管理手術症例2500件のうち800件が緊急手術症例であった。高エネルギーによる多発外傷はもとより、脳、心・大血管、肺、腹部臓器疾患など諸々の緊急症例の麻酔を経験できる。平成23年度ICU管理症例は900件であり、緊急手術後の重症患者も含めて多彩な症例を経験できる。

研修期間

3年間

取得できる認定医・専門医

  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科学会認定医

研修プログラム

後期研修1年目

ASA PS1~2の予定手術患者の麻酔を中心に行う。
全身麻酔の術前管理、導入・維持・覚醒、術後管理を充分に研修し、さらに脊髄クモ膜下麻酔、腰部硬膜外麻酔併用全身麻酔、胸部硬膜外麻酔併用全身麻酔と段階的に研修する。

後期研修2年目

ASA PS3以上のリスクの高い予定手術患者も研修対象とする。ICU患者管理も研修する。機会があれば指導医とともに緊急症例の麻酔を経験する。
2年目終了時に厚生労働省認定の麻酔科標榜医の資格申請を行う。

後期研修3年目

リスクの高い患者の麻酔および緊急手術の麻酔も、主となって麻酔を行う。ICUの重症患者管理も主となって行う。また、スーパーローテート医師の麻酔指導も担当する。

研修内容

<学習項目>

  1. 麻酔関連の薬理学・生理学
  2. 輸液・輸血療法
  3. 術前評価、術前合併症とその対策
  4. 悪性高熱
  5. 麻酔器
  6. モニタリング
  7. 気道管理
  8. 鎮静
  9. 各種麻酔法の理解と実践
  10. 各科の麻酔
  11. 集中治療
  12. 周術期急性痛
    など

<基本手技>

  1. 血管確保:末梢静脈路、中心静脈路、動脈カテーテル、肺動脈カテーテル
  2. 気道管理:気道確保、気管挿管、ラリンゲアルマスク、分離肺換気
  3. モニタリング:心電図、血圧計、パルスオキシメーター、カプノメーター、体温モニター、筋弛緩モニター、肺動脈圧モニター、経食道心エコー
  4. 治療手技:導尿、胃管挿入、気管内吸引、輸液、輸血、心肺蘇生
  5. 区域麻酔:脊髄クモ膜下麻酔、硬膜外麻酔
  6. 超音波ガイド下の各種末梢神経ブロック
  7. 鎮痛法:硬膜外鎮痛法、非経口的鎮痛法、経口的鎮痛法
    など

日本赤十字社 神戸赤十字病院

地域医療支援病院 基幹災害医療センター
臨床研修指定病院 DPC対象病院

SSL GlobalSign Site Seal  公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院(一般200床以上500床未満)