神戸赤十字病院

代表 電話番号 078-231-6006

予約センター 電話番号 078-241-9273

※番号をお確かめの上、おかけ願います。

JAPANESE RED CROSS SOCIETY

各センター・診療部門・各部

各診療科・各部のご案内

消化器内科の診療内容・特色

消化器内科について

神戸赤十字病院消化器内科は、食物の消化、吸収に関連する臓器(食道から大腸までの消化管や肝臓、胆嚢、膵臓)の疾患に内科的にアプローチする診療科ですが、当科の特長は、内視鏡的診断と治療にあると自負しています。

診療内容

内視鏡システム

最新の内視鏡システムを用いて検査を行っており、鎮静剤を使わなくても苦痛なく検査ができる術者が担当しますが、「以前受けた検査がつらかった」「初めてだが苦しいのではないかと非常に不安」といった方には、希望に応じて鎮静剤を使用します。

緊急内視鏡

当院には紹介患者さまを含め救急患者さまがたくさん来院され、また救命救急センターである兵庫県災害医療センターと隣接していますので、緊急内視鏡の件数が多いことも特長のひとつです。消化管出血、消化管異物、総胆管結石嵌頓といった緊急処置が必要な患者さまにもすみやかに対応できる体制が整っています。

早期癌の診断と治療

早期癌には自覚症状がほとんどなく、小さいもの、平坦もしくは陥凹した病変は発見がむずかしいものもみられます。当科では早期癌の発見を常に念頭におき、内視鏡検査を行っています。そして内視鏡治療の適応となる病変に対しては確実な内視鏡的切除術を施行しており、胃病変に対しては2005年1月より積極的に粘膜切開剥離術に取り組んできました。坂下副部長の後任として、神戸大学付属病院消化器内科から着任した白坂大輔副部長が中心となり切開剥離術を行っています。
また大腸内視鏡は全例、拡大機能を有する内視鏡を用いて検査を行っていますので、その表面構造(ピットパターン)を拡大観察することにより、腫瘍であるか否か、腫瘍であれば良性か悪性か、悪性であればその深さ(深逹度)を内視鏡検査時に判断することができます。(全病変をまとめて切除する一括切除を試みます。切除した場合は原則として一泊入院となります。)これら拡大内視鏡診断と切除は、私たちの最も得意とする分野のひとつです。大腸内視鏡の「メッカ」といわれる秋田赤十字病院から黒田浩平副部長が着任いたしましたので、より充実した診療ができるようになりました。

悪性腫瘍に対する集学的治療

内視鏡治療の他にも消化器の悪性腫瘍に対する治療には外科的手術、放射線療法、化学療法等種々の方法があります。私たちは、外科や放射線科のスタッフと綿密に協議し患者さま個々に最も適した治療法を提示、提供できる体制をとっています。また他院でのセカンドオピニオンを希望される方には喜んで資料を用意いたします。

炎症性腸疾患の診療

クローン病、潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患は近年増加の傾向が続いています。当科では白坂副部長の着任以来、抗サイトカイン療法や好中球除去療法等の新しい治療法を積極的に取り入れています。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因のひとつで、除菌によって胃潰瘍や胃がんの発生をおさえることができます。しかしながら、ピロリ菌が胃の中にいることがわかっても、従来は胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気がなければ、保険診療での除菌はできませんでした。2013年から胃潰瘍や十二指腸潰瘍がなくても、保険診療でピロリ菌の除菌をすることが可能となりました。当科ではピロリ菌感染症認定医の白坂副部長を中心に、ピロリ菌に関する診療、相談に応じております。

C型慢性肝炎、代償性肝硬変に対するインターフェロンを用いない治療

C型慢性肝炎、代償性肝硬変では、C型肝炎ウイルスを排除し肝細胞癌の発生を防ぐことが治療の最終目標となりますが、これまではインターフェロンの使用が必須となっていました。そのため、高齢の方や合併症のある方でインターフェロンが使用できない例、インターフェロンを使用したが副作用で中止せざるを得なかった例もたくさんありました。2015年3月から、すべてのジェノタイプ1型の患者さまにインターフェロンを使用しない内服の抗ウイルス薬での治療が認められるようになりました。この治療は、治療効果が高く副作用も少ないことが報告されており非常に有望な治療法です。(ジェノタイプ2型の患者さまにも2015年6月に使用が承認されました。) 当院でも、インターフェロンを使用しない治療を開始しておりますので、C型慢性肝炎、代償性肝硬変の患者さまは医師と御相談下さい。

診療実績

【2016年度】
  • 年間入院患者数:1,851人
  • 平均在院日数:8.7日
  • 外来患者数(延べ人数):16,896人
  • 主な疾患:延べ症例数
    食道癌:27例          胃癌:70例
    大腸(結腸)癌:185例      直腸癌:137例
    膵癌:50例           胆嚢(胆管)癌:19例
    肝癌:28例           胃・十二指腸潰瘍:41例
    胆嚢結石・胆嚢炎:22例     総胆管結石・胆管炎:124例
    急性・慢性膵炎:28例      肝硬変:34例
    大腸ポリープ:274例       イレウス:85例
    クローン病:44例        潰瘍性大腸炎:18例
    虚血性結腸炎:34例
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
上部消化管
検査件数
4,319
4,406
4,440
4,232
4,399
止血術
(静脈瘤をのぞく)
74
70
67
33
34

食道静脈瘤硬化療法、
結紮術

40
34
33
21
32
粘膜切除術・
切開剥離術
51
39
46
44
38
胃瘻造設術
20
15
26
24
27
異物除去術
24
11
12
10
17
下部消化管
検査件数
2,232
2,426
2,273
2,644
2,557
内視鏡的腫瘍切除術
526
573
506
625
543
止血術
38
40
44
37
21
胆膵系(ERCP)
検査件数
299
274
210
291
259
胆道ドレナージ
187
173
120
173
162
乳頭切開術・拡張術
100
105
84
124
79

医師のご紹介

常勤医

藤井 正俊(ふじい まさとし)
役職 消化器内科部長
氏名 藤井 正俊(ふじい まさとし)
卒年 昭和56年 神戸大学医学部 卒業
経歴 医学博士
所属学会・専門資格等 日本消化器病学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本内科学会 認定内科医、指導医
神戸大学医学部 臨床准教授
役職 消化器内科副部長
氏名 白坂 大輔(しらさか だいすけ)
卒年 平成5年  広島大学医学部 卒業 
経歴 医学博士
所属学会・専門資格等 日本消化器病学会 専門医、指導医、地方評議員
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、地方評議員
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
日本内科学会 総合内科専門医、指導医
役職 消化器内科副部長
氏名 黒田 浩平(くろだ こうへい)
卒年 平成6年 神戸大学医学部卒業
経歴 医学博士
所属学会・専門資格等 日本消化器病学会専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
氏名 嶋本 有策(しまもと ゆうさく)
卒年 平成24年 和歌山県立医科大学卒業
所属学会・専門資格等 日本内科学会 認定内科医
氏名 郡山 隆志(こおりやま たかし)
卒年 平成25年 兵庫医科大学卒業
所属学会・専門資格等 日本内科学会 認定内科医
氏名 宮﨑 はる香(みやざき はるか)
卒年 平成25年 神戸大学医学部卒業
所属学会・専門資格等 日本内科学会 認定内科医
氏名 田中 沙苗(たなか さなえ)
卒年 平成25年 愛媛大学医学部卒業
所属学会・専門資格等 日本内科学会 認定内科医
氏名 長尾 佳映(ながお かえ)
卒年 平成26年 広島大学医学部卒業
氏名 比江森 晶子(ひえもり あきこ)
卒年 平成27年 和歌山県立医科大学医学部卒業

非常勤医

氏名 坂下 正典(さかした まさのり)
卒年 平成5年  神戸大学医学部 卒業
経歴 神戸赤十字病院 前消化器内科副部長
所属学会・専門資格等 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医指導医
氏名 長野 秀信(ながの ひでのぶ)
卒年 平成6年 徳島大学医学部卒業 
経歴 医学博士

日本赤十字社 神戸赤十字病院

地域医療支援病院 基幹災害医療センター
臨床研修指定病院 DPC対象病院

公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院(一般200床以上500床未満)